ライターの仕事内容とは?仕事の流れ・編集者との違い・役立つスキルも解説

SKILL

ライティング業務を行う「ライター」。

編集者との違いや、詳しい仕事内容などが気になりますよね。

この記事では、以下の悩みを解決しています。

  • ライターとは?
  • ライター業界の種類
  • ライターの業務内容
  • ライターの仕事の流れ

ライターの仕事内容に関する情報を詳しくまとめています。

また、「ライティングスキルを上げる方法」や「求人・バイト探しにおすすめのサイト」も紹介しています。

これからライターを目指したい人は、ライターの仕事内容が分かりますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ライターとは?

「ライター」とは、受注したテーマやキーワードに沿って、文章を作成する仕事です。

文字数は依頼内容によって異なるケースが多く、大体2,000字~5,000字が多いです。

後ほど詳しく解説しますが、ライターの仕事はライティング作業だけではありません。

【ライティング以外の仕事内容例】

  • 受注先との打ち合わせ
  • 記事構成の作成
  • 原稿執筆後の修正対応
  • 文章の校正
  • アイキャッチ画像の作成
  • 画像の選定
  • SEO対策、など

検索上位にヒットさせるための知識や、画像選定のセンスなども問われるケースがあります。

基本的にはライティングですが、幅広い知識が問われる仕事です。

ライターは誰でも始めることができる

ライターになるための資格は必要ありません。

スキルや経験のない初心者の方でも、気軽に始めることができます。

とわいえ、「ライターになれるか不安」「質の良い記事を書いていきたい」と、ライティングスキルを身に付けておきたいですよね。

そこで本記事では、ライターにおすすめのスキルを「ライティングスキルを上げる方法3つ」でご紹介しています。

気になる方は、先に読み進めてくださいね。

ライターの仕事内容は、掛け合わせによって決まる

ライターの仕事内容は、「文章のスタイル」「媒体」「ジャンル」の掛け合わせによって決まります。

具体例は、以下の通りです。

媒体】Web、広告、雑誌

×

文章のスタイル】記事、小説、文字起こし、議事録、etc

×

ジャンル】医療、車、映画、金融、ビジネス、恋愛、etc

たとえば、「Web上に車関連の取材記事をライティングする」「雑誌に恋愛小説を執筆する」と組み合わせることができます。

完成形は1つではなく、媒体やジャンルなどによって、大きく変化します。

ライター業界は主に3種類ある

「ライター」の業界は、主に以下の3つに大別されます。

ライターの業界 文章のスタイル
Web業界 企業のオウンドメディア、ブログ、特化型サイト、メールマガジン、etc
出版業界 雑誌、フリーペーパー、書籍、etc
広告業界 広告記事、コピーライティング、etc

媒体によって文章のスタイルが決められています。

ただし、現在では業界に隔てなく、様々な分野を手掛けるケースも多いです。

たとえば、「出版業界がWebメディアを手掛ける」「Web業界が広告業界の媒体を手掛ける」などです。

ライターの主な業務内容3つ

ライターの仕事内容

「ライターってどんな仕事をするの?」と気になりますよね。

ライターの仕事とは、主に以下の3つに分けることができます。

  1. 依頼を受けてライティングする
  2. インタビューや取材を行う
  3. 編集業務

ライティング業務だけではないため、コミュニケーション能力やリサーチ能力なども求められる仕事です。

次の章で詳しく解説していきます。

1.依頼を受けてライティングする

ライターの主な業務は、この「ライティング作業」に当てはまります。

記事の内容に肉付けをしたり、リサーチを行ったりしながら、ライティングを進めます。

ライティング前には、受注先と連絡を取り合い、記事の方向性を定めます。

記事完成後には、書いた記事を他の人にチェックしてもらうなどの二重チェックが欠かせません。

2.インタビューや取材を行う

インタビューや取材内容に関して、記事作成をすることもあります。

この場合、ライティング作業のみならず、「写真撮影」や「取材スキル」なども求められます。

あらかじめ記事の構成を組み立てて、事前に質問内容を用意することも忘れてはいけません。

3.編集業務

編集業務とは「管理業務」を指し、企画・構成を立案し、ディレクションを行います。

具体程な仕事内容は、以下の通りです。

  • 記事のキーワード設定
  • ライターへの記事の割り振り
  • 納期の確認
  • 原稿の最終チェック、など

修正・改善点があれば、担当ライターに修正依頼を求めたり、記事を上位検索されるためのSEO対策なども行ったりします。

計画性やアイディア力、コミュニケーションスキルが求められる仕事です。

ライターと編集者の違いとは?

「ライター」がライティングがメインになります。

一方で「編集者」は、文章校正を行うことから、ライターと同じく文章力が問われます。

さらに、ディレクション業務(管理業務)も行うため、コミュニケーション能力や計画性なども必要とされます。

ただし、媒体や出版社によって編集者の仕事内容が異なります。あくまでも1つの事例として把握してくださいね。

ライターの仕事内容の流れ

ライターの仕事内容

先程もお伝えしましたが、ライターの仕事内容はライティング作業だけではありません。

ここでは、ライターが記事を公開するまでの一連の流れをご紹介します。

【ライターの仕事内容の流れ】

  1. キーワード・テーマを確認する
  2. 記事の構成を組み立てる
  3. ライティング作業
  4. 最終チェックを行う
  5. 納品

1.キーワード・テーマを確認する

まず、受注先と打ち合わせを行います。

フリーランスライターの場合は、メールでやりとりするケースが多いです。

具体的には、キーワードや読者層の設定、記事作成の目的(プロモーションなのか上位検索を目的としているのか)などをすり合わせします。

納品までの流れで分からないことがあれば、この時点で確認するとベストです。

2.記事の構成を組み立てる

記事のキーワードやテーマに合わせて、構成を組み立てます。

求められるのは、読者のニーズに沿った記事です。

不要な見出しを取り除いたり、読者にとって有益な情報を加えたりと、構成の方向性を定めます。

また、構成を決めずにライティングを始めるのはNG。

方向性が定まらず質が低下し、執筆時間に膨大な時間をかけてしまうので注意しましょう。

より質の良い記事にするためには、GoogleやYahooなどで、上位検索されている記事をチェックしたり、インタビューなどで情報収集したりします。

3.ライティング作業

基本的に、記事の文字数が決められており、2,000~5,000字の間が多いです。

ライティング作業では、「知っている知識だけでライティングする」のは危険です。

読者にとって有益な記事にするために、記事を作成するにあたり、念入りなリサーチが必要になります。

4.最終チェックを行う

誤字脱字や読みにくい表現がないかどうかについて、納品前に文章のチェックを行います。

家族や友人など、自分以外の人に読んでもらい、客観的な視点で感想をもらうのもおすすめです。

最終チェックをすることで、納品後の修正を大幅に減らすことが可能です。

また、取引先とのやりとりもスムーズになる上、「丁寧に執筆してもらえる」という良い印象もアピ―ルできます。

5.納品

企業や媒体によって、納品方法は異なります。

Webライターであれば、ワードプレスで指定のサイトに記事を納品するケースが多いです。

また、WordやExcelを用いて、データを納品することもあります。

ライターに求められるスキル

ライターの仕事内容

本記事では「ライターには資格が必要ない」とご紹介しました。

ただ、売れるライターになるためには、スキルを身に付けておくと有利です。

【売れるライターになるためのスキル】

  • SEO対策の知識
  • 記事の構成を組み立てるスキル
  • リサーチ能力
  • 読みやすい言葉を書くスキル
  • 納期を守るスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 修正対応に対する素直な気持ち

「納期を守る」「修正対応に対する素直な気持ち」などは、意識によって改善できるスキルです。

しかし、気持だけでは改善できないスキルも様々あります。

そのため、売れるライターに近づくためには、本や資格取得などを利用して、スキルを習得する必要があります。

ライティングスキルを上げる3つの方法を次にご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ライティングスキルを上げる方法3つ

ライターの仕事内容

「ライターのスキルをアップさせるためには、どうしたらいいの?」

資格は必要ないといっても、自信に繋がるスキルを身に付けておきたいですよね。

そこでここからは、ライティングスキルの向上に役立つ内容をご紹介します。

【ライティングスキルを上げる方法3つ】

  1. Webライティング技能検定を受講する
  2. 本から学ぶ
  3. 自分でサイトを立ち上げる

方法1.Webライティング技能検定を受講する

「WEBライティング技能検定「語彙力」や「分かりやすい表現力」などを身に付けることができる「WEBライティング技能検定」。

講座は、基礎講座と実践講座の2種類に分かれているため、経験問わずライティングスキルを伸ばしたい人に向いています。

また、はじめてクラウドソーシングで仕事を受注される方向けの、役立つビジネスマナーも学べるので、初心者の方は一度受講しておくと安心です。

WEBライティング技能検定を確認する

方法2.本から学ぶ

ライティングスキルを書籍から学ぶこともできます。

おすすめの本を2冊ご紹介していますので、気になる本があればぜひ読んでみてください。

おすすめ本①書く技術・伝える技術

書く技術や伝える技術が分かりやすく解説されている一冊。

「文章が書けない…」という悩みを持つ方におすすめです。

法則から説く、書き方・伝え方のトレーニングも載せているので、実践的に役立てることができます。

「書くのが苦手」「何を書けばいいのか分からない」という方は、ぜひ参考にしてください。

楽天ブックスで本を確認してみる

おすすめ本②編集者・ライターのための必修基礎知識

「ライターだけでなく、将来は編集者も目指したい」という方におすすめなのが、「編集者・ライターのための必須基礎知識」という本です。

「デザイン」「原稿作成」「印刷」などの、ライター・編集者に関わる一連の仕事内容を把握することができます。

カラーページで実際の様子を確認することができるため、リアルな仕事内容を知りたい人はぜひ読んでみてください。

楽天ブックスで本を確認してみる

方法3.自分でサイトを立ち上げる

自分でサイトを立ち上げて、運営をするのもスキルアップに役立ちます。

興味関心のあるテーマを書くことができるため、受注してライティングするよりも、自由度が高いです。

また、納品数に制限はありませんので、スキルアップを目指しながら、収入を得る知識も学べます。

サイトを開設するなら、Xserver(エックスサーバー)がおすすめ

Xserver

ドメインの取得ならば、サイトを簡単に作成できる「Xserver」の利用がおすすめ。

Xserverには、サイトを作成できる「WordPress(ワードプレス)」と呼ばれるサービスを無料で利用できます。

ちなみに、このサイトもXserverを利用して立ち上げています!簡単にサイトを作成できるので、初心者でも安心です。

簡単にサイトを作成できるうえ、セキュリティ対策も万全なので、安心してサイトを立ち上げることができます。

「自分のサイトを立ち上げてみたい…!」という方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

Xserverでサイトを作成する

ライターのアルバイト・求人を探せるサイト

ライターの求人情報は、以下のサイトが参考になります。

ほかにも、様々な媒体でライターの求人を探すことができます。

「いきなり始めるのはハードルが高い」と感じる方は、まずは登録してみて自分に合った求人を探してみましょう。

登録は無料なので、気軽に利用されてみてくださいね。

まとめ

本記事では、ライターの仕事内容を解説しています。

ライターの仕事内容の流れは、以下の5つです。

  1. キーワード・テーマを確認する
  2. 記事の構成を組み立てる
  3. ライティング作業
  4. 最終チェックを行う
  5. 納品

ライターの主な仕事内容は「ライティング業務」です。

ただし、媒体×文章×ジャンルの掛け合わせによって、記事の完成形が異なるので、臨機応変い対応していく必要があります。

ライターになるための資格は必要ありません。

スキルアップを目指したい人や、文章書くのが好きという人は、以下のクラウドソーシングから求人検索をしてみてください。

Academyは、あなたが自分らしく働けることを応援しています。

error: Content is protected !