プランター栽培のセロリがしなしな!対処法や日当たり、難易度も紹介

プランター栽培のセロリがしなしな!対処法や日当たり、難易度も紹介 家庭菜園
クマの吹き出し

こんにちは!家庭菜園で暮らすクマです!

プランターで栽培しているセロリが、しなしなに元気がなくなってしまった…とお悩みですね。

葉がしおれて元気がなくなっても、あることをするだけで回復するケースが多いので、諦めないでください。

今回は、プランター栽培のセロリの葉を回復させる方法をご紹介します。

日当たりや栽培の難易度も載せていますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

プランター栽培のセロリがしなしなに!対処法は水をあげること

セロリは水が大好きな植物。

そのため、水分が不足すると、しなしなで元気なく倒れてしまいます。

しなしなのセロリ

畑で栽培する環境とは異なり、プランター栽培では水分量が限られているため、水不足になりがちです。

プランター栽培のセロリがしなしなで元気がない…と感じたら、まずは水をたっぷりあげるのが対処法の一つです。

クマの吹き出し

水を上げると、しなしなだったセロリの葉が元気に回復しました!

葉が回復したセロリ

回復のスピードは比較的早く、水をあげてすぐ、グングンと葉が上に伸びる傾向を見られることもあります。

1時間ほどでセロリの葉が元気になりますので、しなびた時は水やりを試してみてくださいね。

セロリは日当たりの良い場所が好き

セロリをプランター栽培するときは、日当たりの良い場所に置くのがベストです。

育苗期間は他の野菜と比べて長く、適温を保てれば長期的な収穫が可能です。

セロリの生育適温は約15度~20度なので、夏の日差しが暑い時には半日陰に移動しましょう。

外気温が涼しくなったら室内での栽培にすることで、長持ちします。

クマの吹き出し

日当たりの良いキッチンに置いて、室内で育てています。

 

比較的長い期間、収穫できるのでおすすめです!

セロリ栽培の難易度は低め!気軽にプランター栽培できる

セロリ栽培の難易度は低め!気軽にプランター栽培できる野菜

セロリのプランター栽培の難易度は低めです。

初めてセロリを育てる方でも、お世話できると感じています。

セロリ栽培の難易度が低い理由は、以下が挙げられます。

  • 害虫に強い
  • 追肥が不要
  • 支柱立ても不要

害虫に強いため、アブラムシなどの対処が面倒な虫が付きにくいです。

追肥も必要ないため、植え付け時の土だけでグングン大きく成長します。

クマの吹き出し

畑のような広い場所で栽培すると、セロリはどこまでも伸びるため支柱が必要になります。

 

しかし、プランターのような限られた範囲で栽培する場合は、成長に限りがあるので、基本的に支柱(支え)は不要です。

プランター栽培のセロリは、支柱、追肥、殺虫剤が不要なので、難易度が低いと言えるでしょう。

初心者の方でも育てやすいため、ぜひセロリ栽培にチャレンジしてみてくださいね。

まとめ

プランター栽培のセロリの葉を回復させる方法をご紹介しました。

セロリは水分が不足すると、葉がしなしなに元気がなくなってしまいます。

たっぷりと水をあげることで、1時間ほどで回復しますので、ぜひ試してみてください。

プランター栽培の日当たりや難易度についても、参考にしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !
タイトルとURLをコピーしました